英語を話すための勉強方法と注意点!

英語を話すための勉強方法と注意点、オススメの勉強方法や英会話教材について解説しています!

英会話を上達させてペラペラになるならアウトプットが大事!!

f:id:mariko_english:20170729132845j:plain

英会話を上達させて英語がペラペラになりたい!!

 

はい、わかります!

私もそのために今でも英語の勉強をコツコツ続けていますから。

 

そんな私ですが、これまで自分で英語を勉強してきて気づいたことがあります。

 

それは、

英会話を上達させるには「アウトプット」が重要!!

ということ。

 

ほんと、マジでアウトプットです!

 

これをちゃんと理解しておかないと、どれだけ勉強時間を増やしたとしても英語が話せるようになりません。

 

これから英会話を上達させたい人は、アウトプットには絶対に注意しておかないといけませんよ!

 

アウトプットとは?

f:id:mariko_english:20170729133947j:plain

ところで、

「アウトプットって何?」

 

ということですが、アウトプットをそのまま直訳すると

 

出力する、産出する、

 

という意味になります。

 

でも、このままじゃ意味が良く分りませんよね?

 

実際に英語の勉強の時に使う「アウトプット」という言葉のニュアンスとしては、

 

  • 発声する
  • 話す
  • 使う

 

という意味合いで使うことが多いですね。

 

つまり、

英会話を上達させたければ、実際に話したりする。

 

これが大切なことになる、ということなのです!!

 

アウトプットが大切な理由

f:id:mariko_english:20170729134149j:plain

では、

なぜ実際に話すことが大事なのか?

 

ものすごく分りやすい例え話をしたいと思います(笑)

 

例えば、車の運転。

 

これ、

自動車学校で授業を受けているだけで上達すると思いますか?

 

 

...絶対にしないですよね?

 

 

英語も同じなんです。

どれだけ教科書を読んだり、良い英会話教材を使って勉強をしたとしても、実際に英語を自分の口から話さなければ英会話なんて上達しません。

 

思い出してみてください。

これまで中学校、高校と英語を勉強してきましたけど、あなたは今英語が話せるようになっていますか?

 

...話せませんよね?

 

結局、学校の英語の授業では英語を「アウトプット」する機会が全然なかった。

だから英会話が上達していないんですよね。

 

逆に言えば、これからきちんとアウトプットしていけば英語がグングン上達していく、ということ。

ちゃんと正しい方向に向かって英語を勉強することが大切なのです。

 

まとめ

f:id:mariko_english:20170729134255j:plain

英会話を上達させてペラペラになる。

そのためには、実際に英語を話すことが大切です。

 

英会話を上達させたいのにテキストを読んでばかり、

英語がペラペラになりたいのにいつも一人でノートに文字を書いているだけ、

その勉強方法じゃいつまで経っても英会話を上達させることなんてできません。

 

やらなきゃいけないことをやりましょう。

勉強しなきゃいけない方向に向かって勉強をしましょう。

 

英会話を上達させたいなら、とにかくアウトプットを普段から意識するように!!

 

これが英語の勉強のコツの一つです。

是非覚えておいて下さいね!!

 

海外留学してまで日本人同士のしがらみの中にいたらもったいない!!

f:id:mariko_english:20170729103309j:plain

海外留学に出たら日本人とは離れて英語環境にいれる、みたいな風に思いますよね?

 

でも、

実際は違います。

 

海外に出ても日本人はたくさんいますし、どうしても日本人と絡まなきゃいけないシチュエーションっていうのはあります。

私も海外に行く前は

「私だけの英語環境が手に入る~!頑張ろうっと!!」

って意識高い感じで思っていましたけど、実際にバンクーバーに短期留学に行ってみると驚きました。

 

めっちゃ日本人だらけ!!

 

アジア人多すぎ。

街歩いている人のほとんどがアジア人なんですよ。

 

海外にいる日本人との微妙な距離感

f:id:mariko_english:20170729110211j:plain

バンクーバーにはたくさんの日本人がたくさんいました。

留学に行く前に想像していたよりもはるかに多かったように思います。

なので、嫌でも日本人と人間関係を築かなければいけない状況ってありました。

 

例えば、ESLでクラスが一緒になったり。

これがかなり厄介でした。

 

海外留学経験者なら「あるある」ですけど、外国人を入れたグループだとイングリッシュポリシーで英語で話すので問題ないんですけど、いざ二人きりになったりとかすると気まずい、気まずい!!

 

経験ありませんか?(笑)

 

さっきまで英語で話していたけど、急に日本人同士になったし日本語で話すべきか?

それとも英語で話し続けるべきか?

みたいな。

 

こういう時って、めちゃめちゃ微妙な空気が流れますよね~。

 

日本人とのしがらみには注意!!

f:id:mariko_english:20170729110303j:plain

でもね、

ここで油断して

「どこから来たの~?こっちに来てどれくらい?あ、そうなんだー!」

なんて日本語をしゃべるとダメな道一直線。

日本人同士のしがらみに巻き込まれちゃいますから。

 

一度日本人のグループとかと変にかかわりを持つと面倒です。

例えば、

「飲み会があるからこない?」

「今度パーティーがあるんだけど?」

って誘われる。

 

まあ、こういうのは別にいいです。

普通です。

 

でも、

「◯◯さんって知ってる?」

とか

「◯◯さんってヤバいよね。絶対知り合った方がいいよ~!」

みたいな「だれだれさんがどうのこうの」みたいな話題になってきたら、マズいですね。

一度そういう話題にのっかっちゃうと、「お前も仲間!」みたいに認知される危険性があります。

そうなると、外国にいるのに日本人のコミュニティのしがらみに縛られることになりますから注意が必要ですよ。

 

しがらみに巻き込まれると、それを抜けるのが大変です。

ちょっとでも離れようとしたら、

「ねえ、なんか最近冷たくない?」

みたいな感じで離してくれようとしないんですよね。

 

これが本当に面倒!!

 

挙句の果てには

「◯◯って、何か英語ばっかりって感じで感じ悪いよね~。」

なんて悪口まで言われることもありますから。

 

ほんと、しょうもない話!!

海外に来てまで余計な人間関係に巻き込まれると、せっかく大切なお金を使ってきているのに無駄に過ごしてしまうことになりますから。。。

 

しがらみに対する自衛策

f:id:mariko_english:20170729110840j:plain

こういうしがらみに巻き込まれないためには自衛策が必要です。

具体的には、自分の中でイングリッシュオンリーポリシーを貫いておく。

これが一番良いと私は思います。

 

とにかく日本語は話さない。

例え日本人であっても英語を話す。

 

こういう一貫した姿勢を貫いておくと、周りの人も

「あの子は英語しか話さないから」

という目で見てくれますし、そもそも絡もうとしてこないので楽です。

 

遊び目的でフラフラしている人の場合、向うからちゃんと距離を取ってくれるので楽なんですよね。

 

変な人を寄せ付けないよう、例え相手が日本人であっても最低限の自衛策は必要ですよ~。

 

まとめ

f:id:mariko_english:20170729110618j:plain

結局何が言いたいのかというと、

海外に来てまで日本人同士とのしがらみを気にしていたらもったいない、

ということ。

 

確かに日本人の友人は大切です。

けれど、こっちは英語を話したいから外国に来ているわけです。

それを尊重してくれない友人なら、最初から友人になれないですよね。

 

ちょっとキツイこと言ってるのかもしれませんが、海外に来た理由は「友達作り」じゃありませんから。

そこは絶対に忘れないようにしておきましょうね。

 

海外留学に行く予定のあなた!

もしくは、すでに海外にいるあなた!

 

日本人のしがらみで自分を消耗させるのはもったいないですよ!

 

あなたが海外に行く目的は何ですか?

 

そこをしっかりと明確にしておきましょう。

そうすることが、後悔のない英語の勉強に繋がります。

 

頑張りましょうね!!

 

正しい発音を身に付けるならモノマネは実は効果絶大!?

f:id:mariko_english:20170727090238j:plain

英会話を上達させるために必要なことがあります。

それは

相手に伝わる正しい発音を身に付ける

ということです。

 

これ、ほんと大事です。

正しい発音を身に付けていないと英会話が全然成り立ちませんから。。。

 

これから英会話を上達させようと思うのであれば、正しい発音を身に付けることを意識しておくといいと思います。

 

発音が下手なら意味がない!?

f:id:mariko_english:20170727090340j:plain

英会話の難しいところ。

それは、どれだけこっちが正しい発音をして英語を話していると思っていても、それが間違っていたりしたら全然伝わらないところだと思います。

 

例えば、こちらが一生懸命ネイティブに向かって

「I think......you know?」

なんて言っても、

「Ah...sorry? Could you say that again?」

って言われることがあります。

 

グラマーも間違っていないし、単語も別に間違ってもいないのになんで?

って思ったら、理由は発音が下手くそだったから、なんてことは結構あります。

 

つまり、

発音がへたくそだったら、どれだけ正しい文法で正しい言葉遣いをしていても意味がない!

ってことなんですよね。

 

正しい発音を身に付けるにはモノマネが効果的!

f:id:mariko_english:20170727090432j:plain

じゃあ、

どうやったら正しい発音が身に付くのか?

 

それはモノマネです。

モノマネをすることによって正しい発音を身に付けることが可能になるんです!

 

「え?本当に?」

と思う方もいるかもしれませんが、これが結構効果的で、私個人的にはかなりオススメです!

 

例えば、映画の中の会話のワンシーンであったりとか、お気に入りの動画の中の英語の会話。

こういうちょっとしたところからモノマネをできる材料を見つけて、それをモノマネするんです。

 

動画の中で登場人物が

「Hello, how are you?」

って言っていたら、こちらも負けじと

「Hello, how are you?」

ってリピートするんです。

 

ここでのコツは

恥ずかしがらないこと!!

 

そして、

思いっきり登場人物になり切ってモノマネをするってこと。

 

そうすることにより、ネイティブに近い発音を短期間で身に付けることができちゃいます!

 

ポイントは家で一人の時にやることかな(笑)

そうすれば家族から

「おい?どうしたんだ?」

なんて心配されることはなくなりますからね。

 

まとめ

f:id:mariko_english:20170727090210j:plain

ちなみに、私の体験談ですが、結構自信満々でネイティブに話しかけたら、

「Sorry? (ごめんなさい、もう一回言ってくれる?)」

なんて言われたこと、何回もあります。

これは本当にショックでした。

 

「え?私の英語の発音って実はヤバい!?」

そんな風にショックを受けたこともあります。

 

でも、前向きに考えて、

「やっぱりちゃんと正しい発音を学ばなきゃね!」

って気づかせてくれたエピソードでした。。。

 

残念な話ですが、日本人が話す英語っていうのは外国人からすれば結構発音がヤバいらしく、伝わらないことの方が多いです。

 

でも、

ここであきらめちゃダメ!

 

そういう悔しい体験をバネにして、

「だったらもっと頑張る!」

って前向きな気持ちになることが大切です!

 

英語の発音は難しいです。

誰でも最初は下手くそです。

だから、モノマネから入ることって結構大事です。

 

赤ちゃんだって最初はお母さん、お父さんのモノマネをして言葉を覚えていきます。

私たちは英語の世界では赤ちゃんみたいなものですから、恥ずかしがらずにモノマネをしてネイティブの発音を習得していきましょうね!

英語を聞き流すだけで上達する英会話教材?そんな都合の良いことはありませんからね!

f:id:mariko_english:20170726190549j:plain

世の中の多くの人が

「英語が話せるようになりたい!」

と思っています。

 

英語が話せるようになれば、自分の可能性が広がり、人生の選択肢の幅が大きく広がります。

英語が話せるようになるメリットは計り知れませんが、そんな風に英語が話せるようになりたい人をターゲットにした教材やサービスはたくさんあります。

 

その中でも私が

「ん?」

と思うようなものが、

「聞き流すだけで英語が上達する!」

という趣旨の英会話教材です。

今回の記事では、そんな「聞き流すだけで英語が上達するのか?」ということをテーマに記事を書いてみたいと思います!

 

私は聞き流すだけでは上達しませんでした。。。

f:id:mariko_english:20170726190109j:plain

果たして、

英語は聞き流すだけで本当に上達するのでしょうか?

 

日本の人口は一億人以上ですので、もしかするとその中の何人かは聞き流すだけでも上達する人はいるのかもしれません。

 

ですが、そんなことは稀。

ハッキリ言って、普通の人が聞き流すだけで英語が上達することは非常に難しいことだと思います。

というか、ほぼあり得ないと断言してもいいでしょう。

 

なぜ私がそんな風に思うのかというと、

実際に聞き流す系の英会話教材を買ったけど全然英語が上達しなかったからです。

「まさか、こんなに簡単に英語が上達するわけないよね?」

と半信半疑だったのですが、まさか本当に上達しないとは思いませんでした!!(笑)

 

その時は教材に対して

「あーもー、なんでこんな教材買ったんだろう!」

なんて腹が立ったりもしたんですけど、よくよく考えてみたら楽をして勉強をしようとしていた自分の甘さもダメだったことに気づいたんですよね。

やっぱり心のどこかに甘えがあると、人のせいにしたり教材のせいにしたりするんですよね。

 

でも、

それじゃいつまで経っても前に進めませんよね?

 

聞き流すだけ系の教材で成果がでない理由

f:id:mariko_english:20170726190315j:plain

これは自分自身の体験なのですが、「聞き流すだけ系」の教材がなぜ効果がでないのかというと、やっぱり実践を経験していないからだと思うんです。

例えばですけど、車の運転って、いくら講習を聞いても絶対に上手くなりませんよね?

バスケットボールも同じ。

どれだけ講習を聞いてもシュートが入る確率が高くなることはありませんよね?

 

英語の勉強で大事なことって、英語を学んだらそれを実際に使うこと。

つまり、

 

インプット -> アウトプット

 

をきちんと回してあげること。

これが本当に大切なことなんですよね。

 

こんな大切なことに気づかずに、ただ聞き流すだけで上達するなんて考えていた自分がどれだけ甘かったことか。。。

ほんと、思い返すだけでも少し恥ずかしくなります。

 

あ、一応その「聞き流すだけ系」の教材はしばらくは使っていたので、英語に対して耳が慣れてくれたという効果はありました!

せっかく買ったんだから使わないと勿体ないですしね。

 

だけど、今考えてみたら、それってわざわざ教材を買ってまでやることだったのかなーとも思います。

今じゃyoutubeやhuluみたいなオンライン動画でも本場ネイティブの英語を聞けることが可能ですものね!

 

まとめ

f:id:mariko_english:20170726190506j:plain

結局私が何を言いたいのかというと、

せっかく英語の勉強を始めるのであれば「聞き流すだけで上達する」みたいな教材に走っちゃ勿体ないってこと。

その時点で楽な方に流されているんですよね。

 

中学校、高校としんどい思いをして喋れない英語が、楽な方法で勉強して喋れるようになるんですか?ってこと。

これに気づかないといけません!

 

じゃないと、いつまで経っても無駄なお金時間を使ってしまって、結局何も身に付いてない、なんてことになりますからね。

 

私の場合、何がラッキーだったかっていうと、プライムイングリッシュと出会えたこと。

今世の中にある英会話教材の中で、実践的で勉強が継続しやすい教材って、多分プライムイングリッシュくらいじゃないかな?

そんな風に私は高く評価しています。

ほんと、これまで英会話教材で失敗したことがある人にオススメの英会話教材です。

 

興味があれば是非一度プライムイングリッシュをチェックしてみて下さい。

きっと「これだ!」って思える英会話教材ですから!

 

>>教材コレクターはもう終わり。あなたが手にする最後の英会話教材【プライムイングリッシュ】

英語の勉強を始めるなら半年は諦めないで勉強を続けるという気持ちが大切です!

f:id:mariko_english:20170719174010j:plain

英語の勉強を始めよう!

 

そう、その気持ちは本当に大切です。

絶対に大切なことだと思います。

 

でも、

それに加えて大切なことは

 

半年は諦めないで勉強を続ける

 

という気持ちです。

 

最低でも半年間は英語の勉強は続けようね?

f:id:mariko_english:20170719174318j:plain

英語の勉強は継続することにより効果が表れてきます。

「一日10分、一週間だけ勉強しましたw」

くらいの努力じゃあまり上達をすることもありませんし、それを実感することも難しいです。

 

あなたも経験ありませんか?

毎日ちょこっとだけ英語の勉強をかじって、一か月もしないうちに

「やっぱり私には向いてなかったー!」

って言って勉強を投げ出したこと。

 

わかります。

ほんっとうにその気持ちはわかります。

 

でも、

これはただ単に努力の量が圧倒的に足りていなかっただけ。

 

最低でも半年。

これくらいは勉強しないと英語の上達は実感できませんから。

 

半年の勉強が必要な理由

f:id:mariko_english:20170719174159j:plain

なぜ半年の英語の勉強が必要なのか?

それは、

英語の勉強を始めて2~3か月くらいすると英語脳が頭の中に出来てきて、半年くらいになるといい具合に英語脳が成長しているからです。

 

英語脳が出来てくると、これまでの

 

英語 -> 日本語に翻訳 ->理解

 

という頭の中で起こっていた英語の理解のプロセスが、

 

英語 -> 理解

 

という風に短縮されるんです。

 

だから、英語に対して反射的に英語でポンポンと会話することが可能になりますし、ネイティブと会話しても

「えー、あー、うー。。。」

という感じで詰まったりもしなくなります。

 

英語脳を構築しちゃえば英会話も出来るようになるので、半年間は英語の勉強が必要なんです。

 

まとめ:途中で諦めたらダメ!!

f:id:mariko_english:20170719174055j:plain

半年英語を勉強すれば英語脳ができて、そこからさらに英語の勉強が楽しくなります。

でも、途中であきらめてしまったら、せっかく出来てきた英語脳も途中でしぼんじゃいます。

自分の努力を無駄にしないために、英語の勉強を始めるときは最低でも半年間は勉強を続けるという気持ちが大切です!

是非覚えておいて下さいね!!

 

洋楽を聴いて英語を勉強する時はヒップホップはやめておきましょう!

f:id:mariko_english:20170717102133j:plain

英語の効果的な勉強方法として

洋楽を聴く

という方法があります。

 

英語で歌われている歌を聴けば、自分が好きなアーティストの曲を楽しく聴きながら勉強ができるし、それで英語も覚えるし。

まさに一石二鳥じゃん!!

 

...と思いますよね?

 

確かに洋楽は英語力を伸ばすために有効な勉強方法の一つではありますけど、実は注意点が必要なのです。

 

ヒップホップの単語には要注意!

f:id:mariko_english:20170717102523j:plain

洋楽を聴いて勉強をする時に気を付けたいのがジャンルです。

例えば、最近人気のヒップホップ。

こういうジャンルの音楽の場合、使われている単語が結構危ないです。

例えば

「F◯◯k!」「Shi◯」みたいなね。

英語を勉強したてのころって、こういう少しストリート寄り!?の言葉がカッコ良く思ってしまう傾向があるんです。

でも、こういう単語って、いわゆる汚い言葉としてネイティブからは認識されているので、絶対に使わない方が良いです。

間違って使っちゃうと大きな問題になってしまいますからね。

余計なトラブルを避けるためにも、汚い言葉は避けた方が良いです。

 

間違っている文法には注意!!

f:id:mariko_english:20170717102347j:plain

あと、ヒップホップで使われている英文法って結構間違っていることが多いです。

よく見かけるのが

「It don't matter.」

という表現。

これ、本当だったら

「It doesn't matter.」

なんですけど、こう表現されているんですよね。

明らかに間違いですよね。

 

これ、あえて間違うのがカッコいいんでしょうか。。。?

私はあまりヒップホップに詳しくないのでわかりませんけど、いずれにしてもこれをこのまま覚えちゃうと危険。

知らないうちに間違った英語を使ってしまう可能性がありますからね。

 

まとめ

f:id:mariko_english:20170717102227j:plain

洋楽を聴いて英語の勉強をするのは賛成です!

でも、ヒップホップは避けた方が無難ですね。。。

汚い言葉を避けることは難しいですし、間違っている文法も多いですから。

 洋楽を聴いて英語の勉強をしたい人は、もう少し大人しいジャンルの音楽を聴くようにしましょう!

英語の勉強の仕方がわからない!?だったら英会話教材がオススメです!

f:id:mariko_english:20170717074751j:plain

英語の勉強を始めよう。

そう思うところまではいいんですけど、そこから

じゃあどうやって勉強を進めて行けばいいのだろう?

って迷う人、いませんか?

 

...そうなんです。

英語の勉強をスタートさせようと思っても、そこからどう進めればいいのかって中々分らないんですよね。

 

やり方も知らないで勉強を始めたら不安になります

f:id:mariko_english:20170717074935j:plain

実は、これが英語の勉強が続かない理由の一つでもあります。

どうやって勉強すればいいのかわからないまま、とにかく

「勉強しなきゃ!」

と思って勉強をはじめちゃうんです。

 

やる気や行動力は素敵なんですけど、

それって地図がないまま出発する旅行なんですよね。

 

どこにいるのかも分らないし、どこに向かっているのかも分らない。

 

そんな旅行、不安じゃありませんか?

 

英語の勉強も同じです。

不安で勉強を進めることができないんです。

 

英会話教材が勉強の地図になる!

f:id:mariko_english:20170717074844j:plain

英語の勉強の仕方がわからない。

そういう場合は、やみくもにテキストを買いあさるのではなく英会話教材の力を借りるのも一つの手です。

「英会話教材ってどうなの?」

と思うかもしれませんが、実際に使ってみるとかなり役に立つので私はオススメです。

 

きちんとやるべきことが明確になっているので、目標設定しやすいですし、モチベーションも維持しやすいです。

進むべき道順が明確になっているんですよね。

 

まさに英語の勉強の地図!!

と言ってもいいかもしれません。

 

プライムイングリッシュがオススメ!

f:id:mariko_english:20170717075110j:plain

ちなみに、

私はプライムイングリッシュという英会話教材を購入して英語の勉強をしてきました。

プライムイングリッシュの口コミや評判についてリサーチしたら、リスニングやスピーキングに力を入れている英会話教材ということだったので、私の勉強の目的にピッタリだったことから購入を決めました。

 

プライムイングリッシュでやるべきことは明確。

 

一日30分の勉強時間の中で、コレとコレをやる。

ほーんとシンプルなんです。

 

やるべきことがきちんと明確になっている。

だから勉強が続くんですよね。

 

本当に実践で使えるようなリスニングとスピーキング力をつけたい方にはオススメです。

是非チェックしてみてください。

 

>>教材コレクターはもう終わり。あなたが手にする最後の英会話教材【プライムイングリッシュ】